スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サイクルトレーラーの有用性と問題点 其の二
2010/07/31(Sat)
■走破性

サムネイルでは見難いですが、下の写真の最低地上高が低すぎました。

2010-07-31-006.jpg

そのために、ちょっとした段差で「ガリガリッ」と下部を擦る結果に。
自分の設計ミスで、走破性がマイナスポイントです><;

それから、トレーラーの車輪が10インチと小さいために
ちょっとした段差が、乗り越えられない&降りられない。
これも選定(設計)ミスですね。

運転免許の限定欄に書くように、この車には「平坦な道に限る」という
限定が付いてしまいました。

前回、少し触れましたが、転がり抵抗を少なくするために
タイヤの空気圧を増やしていくと、少しの段差でトレーラーが
ポンポンと跳ねてしまいます。2回ほどバウンドしておさまりますが
どうも巧くないです。出来れば重量を増やさずに、BD-1のリアのような簡単な
サスペンションが、ほしいところですね↓

2010-07-31-007.jpg

以上のような点を考慮して、走破性はまったくダメダメでした。


続きます~


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

この記事のURL | サイクルトレーラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。