スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
準備その4 自作サイクルトレーラー改造
2010/07/11(Sun)
自転車とトレーラーの連結部分から
金属が擦れ合う異音がするようになったので、チト改造です。

せっかく、ミスミに発注して作った高い部品ですが
精度が良すぎて、ほこりや路面のゴミに耐えられませんでした。
もとの連結部品は、こんな感じです↓

hinge-pin002.jpg

そこで、もっともシンプルで邪道な方法にすることにしました。
M6ボルトをネジごと回転軸に使います。
最初からこうすれば良かった。

これなら、折れてもホームセンターで調達出来るし
なにより、トレーラーを連結する際の作業が楽になりました。

connection01.jpg

ダボ穴(M6)を連結用に使っています。そこは6.0mmのリーマーを通して
しまったのでネジ山はなくなっており、そこにボルトを通して、それを
ナットで締めて固定します。
あとは、トレーラーの連結部品を差込み
ナットで軽く固定した後、ロックナットを締めます。

格好は良くありませんが適度な、はまり具合とガタがいい感じです。

connection02.jpg

どうしても設計者の見栄というか、見てくれを気にするがゆえ
こういうことは、良くあります。
最初は、シンプルで簡単な方法から試すべきですね。

100kmぐらい走行して、様子を見てみたいと思います。
心配は、自転車のフレーム側。
なにせ、アルミの7075ですので、ダボ穴周りが
どこまで持ってくれるのか?というところでしょうか。

traler004.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
この記事のURL | サイクルトレーラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<準備その5 自作サイクルトレーラー対候試験 | メイン | 準備その3 炎天下の慣熟走行>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://20thma.blog69.fc2.com/tb.php/10-eeaad0f0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。