スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
3日目 津市~大紀町阿曽
2010/07/27(Tue)
■7月20日(火) 3日目 津市→大紀町阿曽

↓三重大学近くの海浜公園の夜明け

2010-07-20-001.jpg

3日目の朝が来ました。
今日はいよいよ、平野部から山岳部に入っていきます。
昨日、バテ気味だった娘も、スーパー銭湯での休養ですっかり復活しました。

私に似て、ゲンキンな奴です。

30年物のダンロップの山岳用テントが役に立っています。
もっとも、メッシュが細かすぎて風が通らず、暑いのはご愛嬌。
そうです、私はもともと山屋さんなのです。
当時、7万円以上したテントでして、穂高や南アルプスで活躍してくれました。


↓松阪市から国道23号線とお別れし、42号線から熊野灘を目指します。

2010-07-20-002.jpg

多気町から道の駅奥伊勢おおだいまで、登坂車線のある道路を
ある時は降りて押しながら、ある時はこぎながら向かうものの
平坦な道とは比べ物にならないほど進まず、予定から大幅に遅れて
暗くなりかけて、道の駅奥伊勢おおだいに到着。

昨日、温泉の楽しさを満喫した娘は、この先の大紀町阿曽温泉まで
頑張って行くと言うので、暗い道を進むことに。

しかし、ここから遠かった><;
1時間で着くはずが、2時間もかかってしまい
↓娘もこの状態

2010-07-20-003.jpg

やばいです。
目がイッちゃってます。

温泉は午後9時までの営業。
しかし到着したのは午後8時40分。
汗だくで頑張った娘のために、なんとかシャワーだけでも浴びさせたい。
阿曽湯の里のおじさんに、無理をお願いし、片付け始められていた温泉で
汗を流させていただくことに。無理なお願いを聞いていただいた係りの方
本当にありがとうございました。

10分ほどで風呂からあがり、娘とお礼を言ったとたん
不覚にも涙してしまいました。嬉しかったのです。

涙もろくなったのは・・・・・歳のせいだと思います。


風呂から上がり、温泉横のグランドにテントを張らせていただきました。
途中で買ったお肉で、ささやかな焼肉をして就寝。

星が異様に綺麗だったこと
人がとても優しかったこと
そして何より、ここは涼しいのです。

ぐっすり眠れました。



この日の経路概略
津市→R23→松阪市→R42→多気町→大台町→大紀町

走行距離 60.5km
最高速度 32.3km/h
平均車速 10.2km/h


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 道中 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<4日目 大紀町阿曽~紀伊長島 | メイン | 相棒(Buddy)紹介>>
コメント
- 暑かったでしょう! -
道中がなかなかアップされないので、きっと、ネットカフェが見つからないのだろうと予想していましたが・・・。変更はあったにしろ、無事に帰ってこられてよかったです。娘さんにも、いい思い出になったのでは。旅の様子、知りたいです。続編、待ってますよ~!
2010/07/27 22:25  | URL | あらいぐま #W4F1A.Ps[ 編集]
- 変更の連続でした^^ -
あらいぐまさん、コメ感謝です。

ネットカフェにもぐりこむ余力も無かったと言うのが
正直なところでしょうか^^
たしかにR42の山中では、コンビにすら無かったですね。
あと、コンロのガスを切らしてしまい、最近はホームセンターで簡単に調達出来る
安心感そのまま旅行していたら、紀伊長島まで見つけることが出来なくて弱りました。

娘にとって良くも悪くも、強烈な思い出になったことは間違いなさそうです。
私にとっても、とてもいい思い出になりました。
生涯忘れることはないことでしょう。

娘と酒を飲みながら、今回の旅行の事が話せる日が楽しみです。

続編は、ぼちぼちUPしてまいります~
2010/07/27 22:50  | URL | 20世紀中年 #8FSUMlyc[ 編集]
-  -
大台から阿曽まで2時間ですか?
この近辺は数え切れぬほど走っている所なので、
チョッと信じ難いのですが、
それだけ疲れていたという事でしょうね。
ともあれ、風呂に入れて良かったです。
不覚の涙のお気持ちは、良く分かりますよ。
2010/07/27 23:21  | URL | 影武茶 #-[ 編集]
-  -
影武茶さん、こんばんは。

鳥羽ではお世話になりました。
あやうく、フェリーに乗り遅れるところでした。
お仲間の方にも気を遣って頂きまして
本当にありがとうございました。

自分ひとりなら、たぶん30分の道のりなのでしょうが
いかんせん、子連れではなかなか思うようにはまいりません。
疲れて折れそうになる娘を、叱咤激励し、なだめすかしながらの走行は
自分の精神的な忍耐力も試されました。

無理な走行は、なるべくしないと思っていても
ある程度の負荷は仕方ない冒険旅行。
その兼ね合いが、一番難しかったかも知れません。

コメントありがとうございました。
2010/07/27 23:30  | URL | 20世紀中年 #8FSUMlyc[ 編集]
- お帰りなさい -
かなり暑い日が続きましたが、無事かえってこられたようで何よりです。19日の土曜日にはもしかしたらと思い鈴鹿近辺を自転車でウロウロしてました。
そういえば42号にはネットカフェなんか無かったなぁ、今頃のどのあたりかなぁ、ブログのアップがないと言うことは頑張って走ってるんだろうなと思ってました。
コース変更されたんですね、それでも荷坂峠を往復すごいですね。娘さんにはいい宝物ができたと思います。
レポート楽しみにしてます。
2010/07/27 23:37  | URL | born #-[ 編集]
- お会いできず残念><; -
bornさん、こんばんは。

19日は、とにかく娘がバテないように気を遣って
南楠福祉会館というところのロビーをお借りして
2時間涼しく休んだり、マックで1時間休んだりと
日差しから隠れている時間が多かったです。

荷坂峠^^
下りも怖ければ、登りも地獄でした。
おいおいUPしてまいります。
また、よろしくです~
2010/07/27 23:47  | URL | 20世紀中年 #8FSUMlyc[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://20thma.blog69.fc2.com/tb.php/18-16edd81e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。