スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
7日目 赤福餅&鳥羽水族館
2010/07/29(Thu)
■7月24日(土) 7日目 伊勢市→伊勢神宮→鳥羽水族館→鳥羽市内

家を出発してから丸1週間を過ぎて、娘にホームシックの症状が出てきました。
炎天下の中を毎日自転車をこぎ続け、その間、交通ルールを徹底的に教育され
公共場所では、その使い方やマナーについてガミガミ言われ続け
夜はテントで宿泊、ほとんど自炊で白いご飯と味噌汁を基本に、オカズといえば
その地元の野菜ぐらいを食わされれば、さぞかし母親も恋しくなることでしょう。

太地町ではイルカと触れ合うことを楽しみにしていた彼女。
せめて、鳥羽水族館でその埋め合わせをしようと、今日は移動距離を減らして
半日、鳥羽水族館で遊ぶことにしました。

↓したがって、服装も避暑地にでも行きそうなワンピース。

2010-07-24-001.jpg

いえ、昨日、洗濯をしそこねて着るものが無くなっただけでした^^
伊勢神宮は、入り口にてお参りしただけで、おかげ横丁に向かいました。

2010-07-24-002.jpg

朝早いせいでしょう、まだ観光客はまばらで、お店も開いていません。
そんな中、赤福が開いてくれてました。

2010-07-24-003.jpg

賞味期限偽装問題で、傾いた赤福ですが
子供の頃から大好きな、ここの赤福餅がまた食べられるのは嬉しいことです。
頑張れ!赤福!
というわけで、一人前を注文。

2010-07-24-004.jpg

娘には、赤福餅デビューとなりました。
さて、お味は?

2010-07-24-007.jpg

あずき餡を好んで食べない彼女が、おいしい!を連発。
・・・・二人前、頼めばよかった。私の分が無い><;

でもまあ、自分の好物を喜んでもらえるのは、嬉しいですね。
その後、赤福の女性従業員の手から、魔法のように出来上がる赤福餅を見て
感嘆の声をあげていました。

遠い地から、お伊勢さんを目指して徒歩でやってきた
昔の旅人もまた、この甘味に舌鼓をうったことでしょう。
さぞかし忘れられない味になっただろうなぁ。

さあ、本日のメインイベント、鳥羽水族館に向かいます。

明日乗る、伊勢湾フェリーのターミナルの横にある鳥羽水族館。
ジュゴンやラッコが有名です。

2010-07-24-005.jpg

私はほとんど、涼しいベンチに腰掛けてウトウト。
娘は、一人で館内を駆け回っていました。

2010-07-24-006.jpg

娘の好きなシャチにカラーリングが良く似たイロワケイルカ。
彼女は飽きることなく延々と見ていました。

私も昔、わんぱくフリッパーを見て、イルカを飼いたいと思ったっけ。

鳥羽水族館を閉館の5時半までいて、今日は贅沢にかっぱ寿司に行きました。
地元の食材でも使っているかと期待したけど、岐阜のメニューとまったく同じでした><;
まあ、そうだわなぁ。

野営地は、フェリーターミナル近くのマリンパークという公園に決定。
地面がレンガ敷きで硬かったけど、潮風が抜けて気持ち良かったので・・・・・・
夕方までは^^

8時を過ぎて、風がパタっとやみ、蒸すこと蒸すこと。
娘は汗だくながらガーガー寝ている横で、うちわ片手に眠れずに
悶々と時間の過ぎるのを待っていたのでした。
近くのコンビニまで涼みに行こうにも、娘を公園に置いて行く気にもならず。
ただただ、蒸し暑さと闘っていたのでした。


この日の経路概略
伊勢市内→伊勢神宮→おかげ横丁→鳥羽水族館→鳥羽市内

走行距離 30.1km
最高速度 20.2km/h
平均車速 12.5km/h


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | 道中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<8日目 伊勢湾を横断~名古屋市内へ | メイン | 6日目 激闘!荷坂峠~伊勢>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://20thma.blog69.fc2.com/tb.php/23-ceca8e25

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。