スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サイクルトレーラーの有用性と問題点 其の一
2010/07/31(Sat)
岐阜からの長距離サイクリングに使うために製作した、自作サイクルトレーラー。
使ってみての感想を忘れないうちに、したためておこうと思います。

2010-07-31-002.jpg

比較するのは、以前行ったサイドバックをフロントに2つ、リアに2つ装着し
積載物の重量が25kgほどで行った、ツーリングスタイルとのものになります。

■走行性
直進安定性能は、ほとんど変わらないものでした。
旋回性能ですが、時速15~20km/hあたりでは、むしろトレーラーが優れている
と感じる場面が多かったと思います。
また、荷物を満載したサイドバックで経験した、転倒するかと思うような共振動作も無く
ほとんどの速度帯でみせた、安定した走りには満足です。
ただ、後輪に足かせを付けた様な荷重に対しては、操作に若干の慣熟が必要となります。
特に低速時、その挙動は顕著に現れます。

後退して、駐輪場を出る際には、牽引車両独特のハンドル操作が必要となります。
これはすぐ慣れますし、せいぜい3メートルも後退すれば、前に切り返せるので
煩わしいと感じるものでは無かったです。
もっとも小生は、大型・牽引免許を保有しているので、当然といえば当然ですが。

最小回転半径が極めて大きくなるのは、困りものでした。
狭い歩道(幅2メートルほど)で、行き止まりで通行が出来ないような場所に
出くわすと、Uターンするのに四苦八苦しました。
トレーラーと後輪を、同時に持ち上げて方向転換するしか手がないからです。
今回の旅で、2度ほど経験しました。

登坂性能に関しては、小生の脚力不足を差し引いても、サイドバックでの
走行に軍配があがります。
やはり、車輪が1個増えた転がり抵抗の増加は、いかんともしがたく
空気圧を高めにしようが、とにかく重いと感じました。
総重量(トレーラー本体+積載物)23kgは、まるで砂浜で
腰にロープを巻きつけて、それでタイヤを引っ張るような苦痛を感じました。

もっとも、これは上り坂の時だけの話で、平坦路では、こぎ出し時や加速時に
その負荷を感じるぐらいで、それほど苦にはならなかったのですが・・・・・・・
上り坂では、パワーアシストが欲しかったですね。

実は、真剣に装着を検討中なんです^^ パワーアシスト。
もちろん、トレーラー側になんですが・・・・・

2010-07-31-004.jpg


続きます・・・・たぶん^^


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
この記事のURL | サイクルトレーラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サイクルトレーラーの有用性と問題点 其の二 | メイン | 9日目 ★最終日 名古屋~岐阜>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://20thma.blog69.fc2.com/tb.php/26-67e3fac8

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。