スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サイクルトレーラーの有用性と問題点 其の二
2010/07/31(Sat)
■走破性

サムネイルでは見難いですが、下の写真の最低地上高が低すぎました。

2010-07-31-006.jpg

そのために、ちょっとした段差で「ガリガリッ」と下部を擦る結果に。
自分の設計ミスで、走破性がマイナスポイントです><;

それから、トレーラーの車輪が10インチと小さいために
ちょっとした段差が、乗り越えられない&降りられない。
これも選定(設計)ミスですね。

運転免許の限定欄に書くように、この車には「平坦な道に限る」という
限定が付いてしまいました。

前回、少し触れましたが、転がり抵抗を少なくするために
タイヤの空気圧を増やしていくと、少しの段差でトレーラーが
ポンポンと跳ねてしまいます。2回ほどバウンドしておさまりますが
どうも巧くないです。出来れば重量を増やさずに、BD-1のリアのような簡単な
サスペンションが、ほしいところですね↓

2010-07-31-007.jpg

以上のような点を考慮して、走破性はまったくダメダメでした。


続きます~


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

この記事のURL | サイクルトレーラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サイクルトレーラーの有用性と問題点 其の一
2010/07/31(Sat)
岐阜からの長距離サイクリングに使うために製作した、自作サイクルトレーラー。
使ってみての感想を忘れないうちに、したためておこうと思います。

2010-07-31-002.jpg

比較するのは、以前行ったサイドバックをフロントに2つ、リアに2つ装着し
積載物の重量が25kgほどで行った、ツーリングスタイルとのものになります。

■走行性
直進安定性能は、ほとんど変わらないものでした。
旋回性能ですが、時速15~20km/hあたりでは、むしろトレーラーが優れている
と感じる場面が多かったと思います。
また、荷物を満載したサイドバックで経験した、転倒するかと思うような共振動作も無く
ほとんどの速度帯でみせた、安定した走りには満足です。
ただ、後輪に足かせを付けた様な荷重に対しては、操作に若干の慣熟が必要となります。
特に低速時、その挙動は顕著に現れます。

後退して、駐輪場を出る際には、牽引車両独特のハンドル操作が必要となります。
これはすぐ慣れますし、せいぜい3メートルも後退すれば、前に切り返せるので
煩わしいと感じるものでは無かったです。
もっとも小生は、大型・牽引免許を保有しているので、当然といえば当然ですが。

最小回転半径が極めて大きくなるのは、困りものでした。
狭い歩道(幅2メートルほど)で、行き止まりで通行が出来ないような場所に
出くわすと、Uターンするのに四苦八苦しました。
トレーラーと後輪を、同時に持ち上げて方向転換するしか手がないからです。
今回の旅で、2度ほど経験しました。

登坂性能に関しては、小生の脚力不足を差し引いても、サイドバックでの
走行に軍配があがります。
やはり、車輪が1個増えた転がり抵抗の増加は、いかんともしがたく
空気圧を高めにしようが、とにかく重いと感じました。
総重量(トレーラー本体+積載物)23kgは、まるで砂浜で
腰にロープを巻きつけて、それでタイヤを引っ張るような苦痛を感じました。

もっとも、これは上り坂の時だけの話で、平坦路では、こぎ出し時や加速時に
その負荷を感じるぐらいで、それほど苦にはならなかったのですが・・・・・・・
上り坂では、パワーアシストが欲しかったですね。

実は、真剣に装着を検討中なんです^^ パワーアシスト。
もちろん、トレーラー側になんですが・・・・・

2010-07-31-004.jpg


続きます・・・・たぶん^^


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

この記事のURL | サイクルトレーラー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9日目 ★最終日 名古屋~岐阜
2010/07/30(Fri)
■7月26日(月) 最終日 9日目 名古屋・竜泉寺→R22→岐阜市

いよいよ、最終日となりました。

2010-07-26-003.jpg

やはり、濃尾平野は朝からドーン!と暑いです。
なんか暑さが違うというか・・・・・・・殺人的です^^

今日は、ぐ~たらと8時半まで、エアコンの効いたところでのんびりし
というか、娘の日記がほとんど書かれていなかった為、それを書かせて
いたためなんですが、すっかり出発が遅れてしまいました。

9時前に、流泉寺の湯を出発です。

2010-07-26-001.jpg

彼女の手の中にあるのは、鳥羽水族館で買い与えたスナメリのぬいぐるみ。
「暑いねぇ~、一緒に頑張ろうね!」などと、ぬいぐるみと話すところは
男の私には理解不能の世界です。

さて、もう少しでこの旅も終え、母親に会えると幸せいっぱいの彼女に
残酷な知らせを、伝えなくてはならない時間が迫っていました。

というのも、私たち夫婦は間もなく離婚します。

新学期から娘は、母親とふたりで生活をはじめることになるでしょう。
この旅は、そのことを踏まえ、精神的に強い子になってもらいたかった事と
父親と嫌というほど一緒にいることを、目的とした旅だったのです。

いつ言おうか、ずいぶん悩みまして・・・・・
旅の途中で、何度もチャンスはあったのですが、精神的に弱かったのは
実は私のほうだったという、オチがついてしまいました。

涼しそうな、緑の多い公園の木陰で、そのことをゆっくり話すと
娘の目から、大粒の涙がこぼれ落ちました。

申し訳なさで、心がつぶれそうな時間でした。


彼女の涙は止まらず、走り出すこともままならず
ただ時間が過ぎていった、そんな時、娘が

「帰ろう!」

と、一言。
彼女の中で、何が起こったのか分かりません。

R22を北上し、3時ごろ自宅に到着。
母親と10日ぶりの再会を果たし、嬉しそうに旅先の出来事を報告していました。
二人して、最初にやった事は、自宅にある体重計に乗ること。
私がマイナス2kg、娘は変化なし^^
たいしてダイエットにはなりませんでした><;



最後に娘を地獄に突き落としたような、冒険でしたが
この子が生まれたときからの夢であった、自転車による長距離サイクリング&キャンプを
走りきることが出来て、今、心から満足しています。
娘の記憶に、いつまでも残ってくれるような、ステキな体験になったことでしょう。

途中で出会った、心優しい多くの方々。
ブログの更新が無いにもかかわらず、心配していただいたり
的確なアドバイスを頂いた、多くのブロガーの方々。
そして、この旅を許してくれた女房や彼女の両親。

その方々に、心から感謝いたします。
そして、ありがとうございました。




来年の夏休みは、私の故郷・北海道の上富良野まで
やはり娘とふたり自転車で行くことを約束しました。
彼女が、今回の旅で懲りてしまわなかったことが、幸いですね。

その時まで、週末には北海道ランに備え、父子で訓練する予定です。
今後は、そんな模様などアップしてまいりたいと思います。



最終日の経路概略
名古屋・竜泉寺の湯→春日井市→R22→一宮市→岐阜市内

走行距離 38.6km
最高速度 27.2km/h
平均車速 11.2km/h

■全走行距離 461.5km
■全日程 7/18~7/26 9日間


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

この記事のURL | 道中 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
8日目 伊勢湾を横断~名古屋市内へ
2010/07/29(Thu)
■7月25日(日) 8日目 鳥羽市→伊良湖→師崎→半田市→名古屋市内

今回の冒険行も、いよいよ終わりが近づいてきました。
なんか、帰りたくないような、早く帰って畳で寝たいような不思議な感じです。

鳥羽市内のマリンパークという公園で泊まった私たちは
朝5時、夜明けとともに食事の準備です。
今朝の食卓には、昨日、道の駅奥伊勢おおだいのおばちゃんから
頂いた卵6個が豪勢に「ぐちゃぐちゃ卵」として並び
あとは、コンビニで調達したロシアパンだのアンパンだのが並びました。

食べ終わって、後片付けです。

2010-07-25-001.jpg

朝から暑い!!
太りすぎで汗をダラダラ流しながら、出発準備をする私の横で
娘の出発準備も、だいぶ様になってきました。
頼もしい限りです。

2010-07-25-002.jpg

午前8時10分出航の伊勢湾フェリー伊良湖行きにあわせ
早めにフェリー乗り場に到着したら、我が家のチャリとは違って
もの凄くスピードが出そうな自転車の一団が到着されました。

伊勢自転車愛好会の影武茶さんたちです。

2010-07-25-004.jpg

このあと、乗り遅れそうになる私たちを呼びに来て頂いたりと、ご迷惑をおかけしました。
伊良湖までご一緒させていただき、お世話になりました。

出発までしばし乗っていく船を眺めながら休憩です。

2010-07-25-003.jpg

さて、出航時間も近づき、自転車も船に載せてもらいタイダウン完了。
さあ、デッキにでも行こうか~というところで娘が尻込みしています・・・・ん?
なんで?と聞くと
「この船、沈まないかなぁ?」と、妙に不安げです。

原因は私にありました。
出発前の週末、夜、暇に任せて映画「タイタニック」を観たのですが
娘は、それを横で全編、観ておりました。これが原因です。

船は怖いものと思ったようです。

あの時代とは全く違って、仮に沈んでも救命ボートも救命胴衣も全員分あるし
無線もあるから、すぐに助けが来てくれる。
何よりも、今日のような穏やかな海では、船を沈めるほうが難しいよ~と説明。

2010-07-25-005.jpg

走り出し、すべる様に進む大きなフェリーに安心したようでした。

伊良湖まで55分の快適な船旅を終え、伊良湖ではすぐさま師崎行きの
名鉄フェリーに乗り換えです。

2010-07-25-006.jpg

先ほどの伊勢湾フェリーより、少し小ぶりのフェリーに自転車ごと乗り込み
本日2回目となる娘はもう慣れたものです。

2010-07-25-007.jpg

デッキの手すりにつかまり、ず~っとイルカを探していた彼女に、天も味方してくれたようで
スナメリが一頭、船の横を泳いでいきました。
自分で見つけた娘のはしゃぎようは、この旅一番のはしゃぎ方でした。

師崎から知多半島の東側を北上して、半田市に入り、県道55号線をさらに北上
名古屋市内を抜けて、竜泉寺の湯まで直行しました。

この旅、最後の晩です。
娘に重大なことを伝えねばならない胸のしこりを感じながら
今日は、ここで宿泊です。朝9時まで一人1500円なり。

明日は、いよいよ自宅に戻ります。
いやあ、こっちも暑いね。


この日の経路概略
鳥羽市→伊勢湾フェリー→伊良湖→名鉄フェリー→師崎→半田市→名古屋市内

走行距離 75.6km
最高速度 28.2km/h
平均車速 11.6km/h


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

この記事のURL | 道中 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
7日目 赤福餅&鳥羽水族館
2010/07/29(Thu)
■7月24日(土) 7日目 伊勢市→伊勢神宮→鳥羽水族館→鳥羽市内

家を出発してから丸1週間を過ぎて、娘にホームシックの症状が出てきました。
炎天下の中を毎日自転車をこぎ続け、その間、交通ルールを徹底的に教育され
公共場所では、その使い方やマナーについてガミガミ言われ続け
夜はテントで宿泊、ほとんど自炊で白いご飯と味噌汁を基本に、オカズといえば
その地元の野菜ぐらいを食わされれば、さぞかし母親も恋しくなることでしょう。

太地町ではイルカと触れ合うことを楽しみにしていた彼女。
せめて、鳥羽水族館でその埋め合わせをしようと、今日は移動距離を減らして
半日、鳥羽水族館で遊ぶことにしました。

↓したがって、服装も避暑地にでも行きそうなワンピース。

2010-07-24-001.jpg

いえ、昨日、洗濯をしそこねて着るものが無くなっただけでした^^
伊勢神宮は、入り口にてお参りしただけで、おかげ横丁に向かいました。

2010-07-24-002.jpg

朝早いせいでしょう、まだ観光客はまばらで、お店も開いていません。
そんな中、赤福が開いてくれてました。

2010-07-24-003.jpg

賞味期限偽装問題で、傾いた赤福ですが
子供の頃から大好きな、ここの赤福餅がまた食べられるのは嬉しいことです。
頑張れ!赤福!
というわけで、一人前を注文。

2010-07-24-004.jpg

娘には、赤福餅デビューとなりました。
さて、お味は?

2010-07-24-007.jpg

あずき餡を好んで食べない彼女が、おいしい!を連発。
・・・・二人前、頼めばよかった。私の分が無い><;

でもまあ、自分の好物を喜んでもらえるのは、嬉しいですね。
その後、赤福の女性従業員の手から、魔法のように出来上がる赤福餅を見て
感嘆の声をあげていました。

遠い地から、お伊勢さんを目指して徒歩でやってきた
昔の旅人もまた、この甘味に舌鼓をうったことでしょう。
さぞかし忘れられない味になっただろうなぁ。

さあ、本日のメインイベント、鳥羽水族館に向かいます。

明日乗る、伊勢湾フェリーのターミナルの横にある鳥羽水族館。
ジュゴンやラッコが有名です。

2010-07-24-005.jpg

私はほとんど、涼しいベンチに腰掛けてウトウト。
娘は、一人で館内を駆け回っていました。

2010-07-24-006.jpg

娘の好きなシャチにカラーリングが良く似たイロワケイルカ。
彼女は飽きることなく延々と見ていました。

私も昔、わんぱくフリッパーを見て、イルカを飼いたいと思ったっけ。

鳥羽水族館を閉館の5時半までいて、今日は贅沢にかっぱ寿司に行きました。
地元の食材でも使っているかと期待したけど、岐阜のメニューとまったく同じでした><;
まあ、そうだわなぁ。

野営地は、フェリーターミナル近くのマリンパークという公園に決定。
地面がレンガ敷きで硬かったけど、潮風が抜けて気持ち良かったので・・・・・・
夕方までは^^

8時を過ぎて、風がパタっとやみ、蒸すこと蒸すこと。
娘は汗だくながらガーガー寝ている横で、うちわ片手に眠れずに
悶々と時間の過ぎるのを待っていたのでした。
近くのコンビニまで涼みに行こうにも、娘を公園に置いて行く気にもならず。
ただただ、蒸し暑さと闘っていたのでした。


この日の経路概略
伊勢市内→伊勢神宮→おかげ横丁→鳥羽水族館→鳥羽市内

走行距離 30.1km
最高速度 20.2km/h
平均車速 12.5km/h


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村

この記事のURL | 道中 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。